業務用エアコンなら三菱電機の人感ムーブアイ360が凄い

業務用エアコンなら三菱電機の人感ムーブアイ360が凄い

店舗やオフィスにおすすめのものとしては、三菱電機の人感ムーブアイ360があります。人感センサーがついているので、人がいるエリアを効率運転してくれます。通常のムーブアイでは無駄な冷房運転もありましたが、この人感ムーブアイ360は人感センサーで感知して人がいないというエリアの無駄な運転を低減してくれるので、とても省エネですし、部屋の冷房が効きすぎてしまうなどということも抑えられます。

 

暖房時も同じで、人感ムーブアイ360で人がいる位置を検知して、人がいないエリアの暖房運転を抑えてとても省エネに貢献してくれます。また、三菱の特徴として快適自動モードというものがあります。これによって風よけ、風あてを設定することが出来ます。業務用エアコンの風が苦手という人も安心して使用することが出来ます。

 

この人感ムーブアイ360の凄いところは、その部屋にいる人数を検知してその人数に応じて自動的に温度を補正してくれるという点です。その部屋にいる人数に応じてパワーを抑えて運転するからとても省エネになりますし、無駄な電気代を節約することが可能となります。人が多い時には、通常通り運転して、人が少ない時には、パワーを抑えて運転します。人感ムーブアイ360は、12エリアの分割で人の人数、床の温度を測ります。3分間隔で、360°回転して検知するので、温度のムラや電気代の無駄を大幅に省くことが可能です。事務所や店舗などに導入するなら三菱電機の技術が見逃せません。

三菱電機の業務用エアコンを購入するなら

三菱電機の業務用エアコンが業界最安値で購入できる業者は業務用エアコンを愛知県名古屋市を拠点に活躍している有限会社新空調なら業界最安値に挑戦しているため他社より安く購入できてお得です!

業務用エアコンの風向きと風量の豆知識

 

業務用エアコンの風向・中温用について

 

業務用エアコンを1日中使用していると、風向が気になるというケースも多いでしょう。とくに、オフィスなどで使用している場合ずっと業務用エアコンの冷気を受けていると寒さや不快感を覚えるというケースも少なくありません。

 

そのような場合には、リモコンから業務用エアコンの風向を調節するようにしましょう。業務用エアコンの風向は、いくつかの段階に設定することが出来ます。また、スイング機能がついているものもあります。一般的には風向は水平にするのが良いと言われています。水平にすることによって、部屋全体を冷やす、暖めることが出来るためです。ムラなくするには一番良い方法でしょう。

 

また、風向は風量や温度などと同じように、「自動」に設定することが出来るものもあります。自動に設定しておくことで、部屋の状況、人の数や位置などによって調節してくれるので、おすすめです。設定できる風向などについては、設定されている業務用エアコンの説明書に記載されているので、説明書を見ながら設定してみましょう。風向について悩んでいるという人はぜひ、現在設置されている業務用エアコンのリモコンをチェックしてみてください。

 

業務用エアコンの風量について

 

業務用エアコンを運転している時に、気になるのが風量をどれに設定すればよいのか?ということです。業務用エアコンの場合、風向を調節することが出来るのはもちろん、風量を調節することが可能です。強弱、ハイパワー、自動などメーカーや機種によって設定出来る風量、調節段階は異なります。

 

業務用エアコンの風量については、基本的に「自動」が良いと言われています。自動とは、業務用エアコンに任せて運転をしてもらうという方法です。業務用エアコンの場合、電気代が気になるということから、風量の設定を弱、微風などに設定している場合が多いです。しかし、それだと設定温度にするために、冷やす、もしくは暖めるまでに時間がかかるので、かえって電気代がかかるという場合があります。

 

そのため、業務用エアコンの風量については、とくに問題がなければ自動にしておくのがよいでしょう。風量だけでなく、温度設定についても自動にしておくとさらに無駄な電気代がかからずに済みます。特別な暑さや寒さの日以外には、リモコンで自動に設定しておくことをおすすめします。自動以外の設定になっているという人は、ぜひリモコンをチェックしてみてください。

 

業務用エアコンの中温用とは

 

業務用エアコンには様々なタイプがありますが、その中の1つに中温用というものがあります。これは通常の業務用エアコンと異なり、10℃〜30℃くらいに適用するもののことです。この中温用の大きな特徴としては、通常よりも低い温度に設定することが出来るという点です。このようなタイプのものは、食品を取り扱う工場や研究施設、農業分野などに向いていると言えます。一般のオフィスや店舗などではそこまで低い温度にするということは、ほとんどありませんが、食品管理や研究を行う場合、農業などでは温度管理が必要になるというケースがあります。通常のものだと低い温度に設定するのが難しいので、そのような場合にはこの中温用の業務用エアコンが非常に活躍してくれます。

 

中温用の業務用エアコンについては、ダイキンや三菱電機、Panasonicなど複数のメーカーから発売されていますので、それぞれの特徴や価格などをホームページなどでチェックしてみるとよいでしょう。設定できる温度の幅については、それぞれの機種やメーカーによって異なりますので、温度の幅についてもしっかりとチェックしておきましょう。温度管理をしっかりと行うという場合におすすめです。

業務用エアコントピックス

業務用エアコンのタイマー機能を活用しよう
業務用エアコン
業務用エアコンを運転したまま帰宅してしまった、外出してしまったなどという経験はありませんか?最近の業務用エアコンは運転している時の音も静かですし、ついつい運転したまま消すのを...
業務用エアコンのフロンガス回収とは?
業務用エアコン
既存の業務用エアコンを新しく買い替える際には、既存の業務用エアコンを撤去するのが一般的です。既存の業務用エアコンを撤去する際に、覚えておきたいのがフロンガスの回収についてです。
業務用エアコンのリモコンの表示がいつもと違う?
業務用エアコン
業務用エアコンを設置してから数年すると、リモコンの表示に見慣れない表示がされるということがあります。これは、業務用エアコンにトラブルが起こっていることを示すエラーコードと呼ばれるもので...
業務用エアコンの見積はネットで出来る?
業務用エアコン
業務用エアコンの取付をお願いしたいけれど、知り合いの業者がいないのでどのようにして、見積を依頼すればよいのかわからないと困っている人も多いでしょう。
page top